ウェアラブルカメラ(蘇る物欲)

正月休みも今年は今日までで明日から仕事始め、年末も忙しく晦日まで仕事していたとあってなんだか正月気分は全くない。そんな中ウェアラブルカメラをネットで物色していた。
ウェアラブルカメラの存在を知ったのはもう1年以上前になるが某大物ユーチューバーが商品紹介動画でGoPro HERO3 Black Editionのレビューを見たのがきっかけで「これ欲しぃ」と思い「カシオ EXILIM EX-FR10」や「Panasonic HX-A1H」、ウェアラブルカメラとはちょっと位置づけが異なるが「Canon iVIS mini」や「SONY HDR-MV1」などの購入を真剣に考えた時期もあった。
最近では5000円を切って豊富なアクセサリーが付属しているコレなどがある事を知り5日からのスキーに持って行きたいなぁ~と思って、一万円を切るウェアラブルカメラを中心に紹介動画やレビュー記事を眺めていた。するとGoProにHERO5と言う新機種が出たと言う情報にぶつかり今までのGoProに比べこのHERO5ではかなりの進化を遂げたとの事。
簡単に挙げると「タッチ液晶」「手ブレ補正」「音声コントロール」「RAW撮影」「GPS」今やあって当たり前的な機能ではあるがGoProに備わったと言うだけで魅力的な事である。一万円未満ならとスキーに持って行きたいなと一旦は冷めた物欲感を刺激された私にとって見逃せない情報、ここで安物を買って後で後悔したくないと言う事もあり付加機能はともかくカメラとして要である画質はいかがなものかと、4k動画の質のみにポイントを置いて「AKASO EK7000」と「GoPro HERO5」のレビュー動画を探してみてみた。すると安価なウェアラブルカメラではカク付きが生じているようだ。詳細は判らないがきっと処理速度の遅いCPUを採用していたり内臓メモリー容量が少なかったりと値段相応の差が出ているのであろう。
また、音声に関してもGoPro HERO5を車内でレビューされている方の動画をみつけその集音力を聴いてみたがなかなかの良い音質で収録されているじゃないのと感じた。一年以上眠っていた物欲がこんなきっかけで目覚めGoPro HERO5の購入を決意した。
さて問題は明後日のスキーに間に合うかだが、価格COMで最安店を見ると「在庫あり」となっていたが今ポッチってどんなに早くても明日発送で配達は明後日、5日のAM4時には出発したいので受け取る事ができない。この様な場合はやはりAmazonヨドバシしかない。
共に今ポチっても1月4日お届けとなっている。表示価格自体はAmazomの方が安かったがポイントを考慮してヨドバシでポチッた。

About 智

DIY好きで、とにかく何でも挑戦! そして失敗。 全て思い付きなので間違いだらけかも ですが こんな奴もいるんだなぁ~ くらいに笑ってみてもらえば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)