エアコン修理7日目パート2《ファイナル》

今日も暑かったですね
家に帰って来た私は早速電源基板のフォトカプラを交換
そして動作確認
まずは電源基板と制御基板とLEDや赤外線受光部の付いたフロントパネルのみを接続して、2次側電圧を計測

13V 問題無し

お次は故障モードでシステムチェック

エアコン本体に全て取り付けてリモコンを故障モードにセットして室内機に向かって運転ボタンを押す

1回目の運転ボタンでは室内機から1回のピッ!と言う動作音がして約3秒まって状態がLEDの点滅回数によって表示される仕組み 0回ならOK

そのまま10秒位待っても点灯する気配無し。

よし!異常無しだ

次は室外機だ

もう一度リモコンの運転ボタンを押す。 ピッ!ピッ!と二回アラームが鳴り室外機チェックモードに入った事を知らされた私は祈るような思いでLEDを凝視する。

点く気配無し

よし!問題無さそうだ

では、故障モードを解除して通常にリモコンの運転ボタンを押す

室内機の現在室温などを示すLEDが点灯しファンが回りだす。

そして数秒後リレーが動作する「カチッ!」と言う音が聞こえた。 うん!確かに聞こえた。

おっ!

ベランダに出て室外機を確認

おっ! ファンが勢い良く回っている。

再び室内機の目の前に立って

す、涼しい

これは汗の気化熱なんかぁ~じゃ無い
確かに涼しい
いや冷たい位(ちょっとオーバーかな)

ヨッシャーーーーーー

最後に

About 智

DIY好きで、とにかく何でも挑戦! そして失敗。 全て思い付きなので間違いだらけかも ですが こんな奴もいるんだなぁ~ くらいに笑ってみてもらえば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)