エアコン修理1日目パート2《バラす》

全然反応しない。

やっぱりそんなに単純には行かないよね〜

で、他に浮き半田は無いかと、しばらく基板を眺めていたが無い

で、お次は片っ端から各パーツの端子部をテスターで抵抗値計測

ん!さっき半田したツェナーがデジタルテスターで6オームしかない。

基板に付けたままでは正確ではないので再び半田ごてで外し
計っても正・逆方向共に6オーム

あっ!ツェナー逝ってる

しかしこのツェナー見た目では普通のスイッチングダイオードと同じで
何も書いてなく何ボルトかが判らない。
基板にプリントしてある記号ZDとマークでツェナーだという事がわかる程度

一体これは何ボルトツェナーなんだろう?

手持ちのパーツケースをあさるものの10Vのツェナーしか無い
これつけてみっかぁ
で、エアコンから外した電源基板だけの状態で、半田付けして電源ON

プシューっと音と共にけむりが・・・

すぐにAC抜いて、基板を確認すると25V耐圧470uFのコンデンサの頭が破裂して液漏れ状態
やってしまいました。
やはり何も考えずあわてるとこの有様
「10Vツェナーで出力が何ボルトになるか試したかっただけなのにぃ・・・」
これは腰を据えて臨もう

パート3へ

About 智

DIY好きで、とにかく何でも挑戦! そして失敗。 全て思い付きなので間違いだらけかも ですが こんな奴もいるんだなぁ~ くらいに笑ってみてもらえば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)