内張り取り付け完了

今日はネットで注文して届いていたブチルゴムを使って共販で買ったビニールシートを取り付けました。
まずはブチルゴムの開封状況
img_20160716_071304

 

img_20160716_071319

 

パッケージ表と裏
テープの太さは3mm,5mm,8mmとありましたので、5mmにしてみました。
一応冷所保存なんですね。
img_20160716_071613
淵に止めてあるテープをカットして中の箱をスライドさせ取り出すとカタログと本体がご覧のように包まれておりました。
テープ自体は表面がツルツルした紙を二つ折りにしてホチキスで止めた状態になっており、そのホチキスをとって広げると
img_20160716_071731
この様に入っております。
それでは取り付け編です。
ビニールシートを貼る前の注意点として、ドアに取り付けられているパーツがビニールシートの中に入るものか外に出るものかを見極め出るものはあらかじめ取っておく必要があります。
img_20160716_072408
左がハーネスを取り付けるパーツで右が内張りをビスで固定する為の女ネジが切ってあるパーツです。
外すには裏からつまんで外します。
img_20160716_071414
こんなイメージ
img_20160716_073230
4か所外しました。
img_20160716_073738
ぐるーっと一周ブチルゴムを貼りました。
img_20160716_074024
スピーカー部分もぐるーっと
ただこれは間違え例ですね。
基本的にこの手のシールは下側に穴が開くようにして水が溜まるのを防止すべきだと思います。
つい作業のしやすさから上からスタートして時計回りに貼り付け上で終わる。
結果的に上に穴が来るようにしてしまいました。
img_20160716_071243
付けてから気づいたのでビニールを貼る前に下側をカットしております。
ドアロック用のステーをビニールシートに開けられた穴に通して位置決めです。
img_20160716_074335
仮止めですのでビニールシートをブチルゴムにあまり押し当てない方が良いです。
img_20160716_074400
ここまで押し当てるとつけすぎです。
img_20160716_074633
剥がす時にこの様になります。
これはボディー側の接着が弱くビニール側が強い例です。
ボディー側は予めしっかりと接着させておいた方が良いので、ブチルゴムを貼り付ける際に
保護シートの上からある程度指で押さえておいた方が良いです。
img_20160716_074857
このくらいの付き方であれは簡単にビニールのみはがれます。
上部の位置決めがすんだらブチルゴムをビニールシートの上から押さえ付けていきます。
私は指で行いましたがローラーなど利用するとむらなく接着できると思います。
img_20160716_075339
押さえ付け
img_20160716_075509
さらに押さえ付けました。
このブチルゴムは5mmですが3mmでも良さそうです。
上の写真下部はかなり押さえ付けましたが、これ以上広がらずブチルゴムの厚みも2mm位あります。
img_20160716_080141
ぐるっと一周押さえ付けシートの貼り付け終了です。
img_20160716_080621
取り外しておいたパーツを取り付け
img_20160716_080631
img_20160716_080753
ハーネスも内張りに入る位置に戻し完了です。
後は内張りを取り付けて終了。

About 智

DIY好きで、とにかく何でも挑戦! そして失敗。 全て思い付きなので間違いだらけかも ですが こんな奴もいるんだなぁ~ くらいに笑ってみてもらえば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)